ロサンゼルスからの日々


by nikkeilife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:魚料理 ( 12 ) タグの人気記事

帰り道のレストラン

e0147801_015422.jpg

ここ一年ほど、週に3,4日はバス通勤しています。ロサンゼルス西南地区の自宅からサンタモニカの職場まで、ルートは5通り程あるのですが、どれをとっても一回乗り換えが必要です。アメリカのバスは結構アバウト。時刻表はあくまで参考に、って位に考えたほうがいいです。まあ、特に午後の渋滞などはひどいですからね。

そういうことで、一本目のバスが少し遅れると、乗り換えバスを見逃しちゃいます。次のバスが来るまで、辺りを見回したり、歩いていたりしてます。このレストランは前から気になっていたとこ。先週の金曜日、乗り継ぎがうまくいかなった上に、外は寒かったので、レストランに入りました。主はエルサルバドル料理のレストランですが、その他メキシコや、中米の国の料理もあるそう。エルサルバドル料理といえばププサというもっちりした、分厚いトルティーヤみたいなもので有名。最近冷え込んできたので、ティラピアのスープを持ち帰り。大きい魚が丸ごと一匹、三等分に切られて入っています。写真は家でお皿に移したもの。奥のほうにププサが見えます。スープは香味野菜がふんだんに使われていて、あっさりしていて美味しい。塩気は控えめなのが嬉しいです。別のバッグにタマネギと香菜とライムを入れてくれたので、スープの上にドチャっと。ん~、最高。骨が沢山あり、えらや鱗が所々残っているのがちょっとネックですがそれも愛嬌と思うことにしました。

$14.95と値段はちょっと高め?と思ったんですが、これ、私4食かけて食べきりました。だから全然高くないです。

ここは朝早くから開店していて、朝食もやっているのでぜひまた行きたいです。

El Baron de Centroamerica
4212 W. Pico Blvd.
Los Angeles, CA 90019
(323) 954-1384
[PR]
by nikkeilife | 2011-11-09 00:34 | 外食

夏を想いながら

タイトルとは関係ありませんが、先日自分用に(訳:テキトーに)麻婆ナスのひき肉をおからにかえて作ったのを主人が食べて「すごい美味しい、また今度作れよ。忘れるなよ。」と大好評。良い事だけど主人の好みなどを考え作った料理にしては、「うん」としか評価がでないのにちょっとムッとした。以前「豆腐のカスなんて食べてどうすんだ」という犯罪的なこと言ってたくせに。それなら今度から私の好みを中心に献立考えようかな。(ムフフ)
e0147801_2444877.jpg

本題に入ります。だいぶ前のことですが、人気のレストランが海辺シーフード専門のお店を開けたというのでいってみました。といっても、オープンしてから一年ちかく経ってますが。まだまだ混んでるのは良いサインですよね。

また食べたくなってきた
[PR]
by nikkeilife | 2010-12-29 03:06 | 外食

銀ダラの煮付け

e0147801_14152644.jpg

「週一回お魚を食べようキャンペーン」(自称)は今でも続いています。自分でもビックリしてます。(笑)大抵4人分は作るんで二日くらいは食べてますが。先週末、銀ダラが安売りになっていたので購入。下手に手を加えるより煮付けのようなシンプルな料理がいいかなと思ったんですが、ただの煮付けじゃ芸が無いな等とも思ったり。ワガママですね。(自分)魚料理の本にちょっと変わった煮付けが載っていたのでそれにしようかと。煮汁の調味料は普通ですが(酒、醤油、味醂、砂糖)煮る時輪切りにした牛蒡と薄切りにした生姜をいれます。煮汁にちょっとコクが加わりました。牛蒡は1/2本しか使わなかったので残りはキピラ牛蒡にしました。
[PR]
by nikkeilife | 2009-10-15 15:30 | 料理
なんとか続いてます、週一の魚料理。時には2週間に一度とかになってますけど。(笑)
e0147801_16234062.jpg

レシピは大分前に買ったオレンジページ出版の「魚でごはん」。魚料理初心者向けに詳しく写真付きで説明してます。(嬉)これまでも沢山お世話になってます。

さんまがセールだったので購入し、前から気になっていたこのピリ辛煮に挑戦。ニンニク、生姜、長ネギを豆板醤で少し炒め、醤油、酒、お酢、味醂とお水を加え煮立たせてサンマのいれて落としぶたをして約20分。そしてピーマンをいれてまた落としぶたをして7分で出来上がり。簡単で素早く出来たので気に入りました。味は、辛さは控えめだったけどサンマの身がホクホクしていて美味しかったです。付け合わせはプロッコリーの胡麻味噌和え。白ごまを切らしていたので黒ごまで作ったら結構イケました。あと、近所の方から頂いて忘れていたキュウリを紫蘇のふりかけで和えたものとキャベツとタマネギのお味噌汁。冷蔵庫の掃除が出来ちゃいました。(笑)
[PR]
by nikkeilife | 2009-07-16 13:23 | 料理
またしてもこの本にお世話になってしまいました。セールではなかったけど比較的安い甘塩ざけの切り身を買いました。が、ただ焼くだけでは芸がないし、かといってクドいソースなんかはいやだし、と思っていたらこのレシピが目につきました。
e0147801_15325419.jpg

深めのフライパンに油を熱し薄切りしたニンニクをこんがりするまで揚げる。ニンニクをだして風味のついた油で1cm厚さに切ったサケを焼く。焼き色がついたらお酢を回し入れごま油を少したらしてからサラダ菜をもったお皿に盛りつけます。茹でたケールがあったのでそれを使ったら美味しいのなんの!サケもニンニクとお酢とごま油の風味が合わさって美味しかったです。

付け合わせはファーマーズマーケットで購入したミニ瓜数種類。蒸しただけのものをちぎったミントの葉とレモン汁で和えただけ。フレッシュな野菜はコレくらい質素な味付けで十分です。んま〜!
[PR]
by nikkeilife | 2009-06-10 15:43 | 料理
先々週は干物みたいのを焼いただけなので写真とりませんでした。先週はサバがセールだったので購入。サバは味噌煮としか思いつかなかったんでちょっと違う味に挑戦。前回も使った昭和62年の料理本に載ってた一品です。
e0147801_1350535.jpg


「イタリアのサルデニア地方の料理を、和風にアレンジした一品です。酒とねぎ、それにしょうゆのうまみと香りをきかせました」

と美味しそうなコピーが書かれていて、行程も写真で説明してくれるのが嬉しいです。塩をふっておいたサバを鍋で焼き、酒をいれてむらし、そこにネギをちらしてさらに焼く。そこにトマト缶を入れ、醤油で香りをつけるだけ。簡単な割には美味しかったです。イタリア料理の和風ってちょっと想像つかなかったけど、トマトと醤油は結構合うんですね。

しかしこの本、洋風な料理が多い感じなんですけど、62年って昔ながらの和食よりこういった洋風な味付けが流行っていたんでしょうか。いわしのロールグラタン、たらのバスク風、かきのミルクピラフ、わかさぎと野菜のフリッターなどが本に載ってます。美味しそうだけど作れるかな〜。

副菜はファーマーズマーケットでかったポロ葱に白ワインをダボダボかけてバターをちらしたのをオーブンでじっくり焼いたもの。ポロ葱がトロトロ甘くて美味しかったけどバターは無くても良かったかな。もう一品は筍が中途半端に残ってたので、ピーマンを買ってお豆腐を使ったチンジャオロースーもどき。みてくれ悪いですが、適当に作った割に味は結構良かったです。
[PR]
by nikkeilife | 2009-06-09 14:26 | 料理

今夜の魚料理

真鯛の切り身がセールになっていたので、きんめだいの野菜蒸しというレシピをつかいました。塩とお酒で下味をつけた魚を千切りしたシイタケ、人参、ネギとピーマンの間で蒸すだけです。味付けはお酒少しとごま油を上からふるだけ。シンプルで美味しかったです。副菜に、カブがあったので、昆布でとったお出汁で煮て、油揚げと切った昆布を入れ、薄口醤油と味醂で味付けしたテキトー料理です。カブが甘〜い!薄いスープがカブの甘みを引き立ててる様です。でも恐ろしい位の量が出来てしまったので、明日、明後日と、ご飯を入れておじやにして朝食にでも食べようかな。
e0147801_13481690.jpg

参考にした本、NHKきょうの料理ーキッチンシリーズの「クッキング入門魚のおかず、これだけは覚えよう」というふるーいレシピ本です。数年前、実家に寄った時、大掃除でもしていたようで、このシリーズから数冊くれました。どれくらい古いかと言うと第1刷発行は昭和62年2月20日。(笑)昭和ですよ!私達が渡米したのは昭和56年だったから、この本、こっちで買ったのかな。母が使っているのは覚えてないんですけど。(笑)
[PR]
by nikkeilife | 2009-05-19 14:17 | 料理

今週の魚料理

やっと、追いつきました。週末食べた魚料理です。いや、料理とは言えないかも。(汗)刺身グレードのマグロがセールになっていたので購入。簡単に、鉄火丼にしました。ウチの鉄火丼はヅケです。今回は新しいレシピに挑戦。マグロを切ってから、お醤油とお酒とハチミツを合わせたものにつけました。やっぱり、ハチミツは甘すぎるかな。私は辛口が好みなんだ、と分かりました。
e0147801_14143743.jpg

冷蔵庫に古いトマトとアボカドがあったので、切って酢醤油とでも合えようかな、と思ったんですが、アボカドが腐っていました。(泣)大分前に買ったアボカドですが、ずーっと固かったので、放っておいたんですが、皮の中からカビてました。(泣泣)急遽、乾燥わかめを戻し、トマトと一緒に、市販の青じそポン酢と合えて、鰹節をまぶしました。サッパリして美味しかったです。食べられない、と分かったら、無性にアボカドが食べたくなってきました。(笑)
[PR]
by nikkeilife | 2009-05-13 15:01 | 料理

先週の魚料理

週一の魚料理、なんとか続いてます。先週は酢豚ならぬ酢魚。鯛の切り身を一口大に切り、片栗粉で揚げます。その上に中華餡をかけるだけ。小林カツ代さんのレシピなんですが、主人用に買った英語のレシピ本を使ってます。日本語版のレシピと違うのかな。砂糖を気持ち少なめにしましたのでさっぱりして美味しかったです。
e0147801_1511512.jpg

中華餡には竹の子の缶詰、菱の実の缶詰、人参、タマネギ、シイタケ、生姜と万能ネギが入ってます。缶詰を使い切りたくて、具をちょっと多めに入れたら、汁が足りなくなったので、途中から追加。まあ、いつもの事です。(笑)そうそう、レシピを余りよく読まないでいたんですが、具を全部入れて煮ている時、ネギは最後にちらすだけだったと気づきました。(アホー)本の写真とは似ても似つかず物になってしまいました。まあ、これもいつも通りです。

副菜は主人が作った白菜ともやしの炒め物とさやえんどうの炒め物。野菜といったら炒めるしか思いつかないらしいです。(笑)努力は認めてあげましょう。
[PR]
by nikkeilife | 2009-05-11 15:21 | 料理

揚げ鯖のおろし煮

2週間前のお魚料理です。お世話になっている「てんきち母ちゃん」のレシピ本3巻から。工夫に溢れた料理が大好きです。揚げた鯖を、大根おろしと麺つゆ、酒などいれたお出汁と一緒に煮るだけ。簡単で嬉しい。揚げ物なのに、大根おろしのおかげでさっぱりしていて美味しい!地味な写真ですが、本来は三つ葉などをあしらっていてもっと美味しそうです。
e0147801_15395225.jpg

副菜は、これまたてんきち母ちゃんのレシピ本、今度は1巻から大根の葉とわかめを炒めたふりかけ。乾燥わかめの量を大幅に間違えてしまいましたが(汗)、美味しく出来た、心の広いレシピ。(笑)ツナ缶、小さいのなかったので、ハマグリ缶の残りを使いました。ちょっと塩辛いけど、その分ご飯が進む、進む。

もう一品はお豆腐のレシピ本から豆腐と白菜のくずし煮。出汁でシイタケと白菜を煮て、水切りした豆腐をぶち込んで味付けするだけ。簡単で美味しい優れもの。汁物の役目も努めてくれて、ズボラな私にぴったり。このシイタケは日本産の物で大分前に出汁を取ってから冷凍していたもの。最近スーパーで見る干し椎茸は全部中国産なので、買えないでいます。かといって、日本産はべらぼうに高い。みなさん、どうなさっているんでしょうか。

日が暮れてから急に暑くなって来たんですが、何なんだ。数日前は布団を頭まで引き上げないと寒いくらいだったのに。これから夏ですかね。
[PR]
by nikkeilife | 2009-05-07 15:57 | 料理