ロサンゼルスからの日々


by nikkeilife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

盛大に、末永く

せめて月一には更新しよう、と目標をすご~く低くしつつこの頃です。
e0147801_0344486.jpg

9月に、大学院のクラスメートの結婚式に招かれました。正確に言うと、アメリカでの披露宴ですけど。正式なセレモニーは、インドで1週間かけて開かれたとか。それも、双方の実家の町で、2回。さぞ盛大な披露宴だろうと、楽しみにしていきました。



e0147801_0345489.jpg

ロサンゼルスから150kmほど東にある町に、大邸宅をたてた彼の家族。披露宴はこのご自宅で開かれました。車から出たら、バレー駐車。それだけでもすごいのに、上のように赤いカーペットがしかれてました。気分はセレブ♪(激違)メインの建物は全部大理石ですか、と思うほど綺麗。そして、デカイ。手前のコートヤードにはおっきい噴水とかあるし。そこでアペタイザーやお飲み物がでてました。ココナッツにストローを差し込んだのもあったし。さすがインド。マンゴーラッシーもありましたので、それを遠慮なく頂く。小さな小皿いっぱいに、サモーサやエビなどの前菜をコンモリ取り分け、セレモニーが行われている裏庭にそそくさ向かいました。

e0147801_0464365.jpg

この披露宴で一番見たかったのは、象!インドの結婚式には欠かせないですよね~。とはいいつつ、本物の象を取り入れるのは大変らしく(当たり前だ)、以前行った友達の結婚式では白いお馬さんが登場しました。実は、この日はえらくバタバタしていて、家をでるのが少し遅れ、一緒にいった友達もこれまた遅れて、開始時間より1時間も遅れてついてしました!でもぎりぎりセーフで象さんを見れたのでハッピ~。

e0147801_0465878.jpg

裏庭、といっても、勿論普通のお宅のバックヤードなどのものではなく。どこの公共庭園ですが、って言うほどの規模と手入れがすばらしい。そしてこんなガゼーボがある。あ、サウンド・オブ・ミュージックみたいなやつ。(笑)この下で、双方の家族を含めたヒンズー教のセレモニーを幾つか行ってました。

e0147801_0561327.jpg

披露宴そのものは、庭におっきなテント(アカデミー賞などのパーティなんかにたてる、アレ)を建ててその中で。テープル席は悠に800席あったような。

e0147801_0562131.jpg

これまた、ものすごく楽しみにしていた料理。勿論、インド料理。ビュッフェスタイルで、ほうれん草を煮たやつとかカレーやパニールが何種類もありました。べジと肉料理も全部。あと感動したのが、ナンをその場でこねて、持ち入れたタンドーリで焼いてくれること。焼きたてのナンは勿論、今まで食べたものの内で最高の味でした。欲張ってこんなによそってしまいましたが、前菜も食べたし、少し残してしまいました。

この後、ご家族やお友達がバイオリンやダンスを披露して、それからダンス。デザートとコーヒーを頂いて、私たちは午前1時頃においとまいたしました。まだまだ他の方は残ってましたよ。タフだな~。

ボリウッドの俳優だった若く、美しい奥さんもらって、友達はとても幸せそう。沢山の家族と友達に祝福されて二人の幸先は良いですね。こんな素敵なイベントに招いてもらってとっても嬉しかったです。
[PR]
by nikkeilife | 2012-12-05 01:08 | イベント